正匠ブログ:まじめマガジン
「正匠の家」まじめマガジン

正匠こだわりポイント〜気密について〜

0

    さて今回は、気密についてお話してみます。

    以前よりご説明している住宅における気密性能。

    現代の家づくりでは、非常に重要なことになっているのです。

     

    簡単に言えば、住宅における気密というのは

    お家の中の隙間が少ないということです!

     

    これまで、気密に対しての意識が低く、

    特に木造住宅では隙間のことは考えず建てられているものが多かったのが

    以前の家づくりでした。

     

    例えば、冬はストーブを焚いても、こたつに入っていても

    頭は暖かいのに、足元や腰元が寒く、

    すーっと冷たい空気が入ってくることもしばしば。

    こんなお家で過ごされた経験をお持ちの方は

    案外、多いのではないでしょうか?

     

    皆さまにとって身近なもので例えてみましょう!

    冬に着る『ダウンジャケット』欠かせない存在となりましたが、

    このモコモコしたダウンジャケットを羽織るだけでは

    もちろん寒さは防げないですよね。

    きちんとファスナーを閉めることで、

    首回りなどの熱も逃げにくくなります。

    これが断熱と気密の関係性に近いものになります

     

    それでは住宅の方に話を戻します

     ちょっと難しい単語が出てきます^^;

    まず、住宅で気密性能を表す値のことをC値=隙間相当面積』といいます

    相当隙間面積:㎠/屬箸禄斬陲料軈蠹隙間面積を

    実質延べ面積で除して床面積1屬△燭蠅派修靴討い泙后

    例えば、100屬里家の時にC値が4㎠/屬世辰箸靴泙后

    これは、家の隙間が40㎠ありますという値になります。

    つまり家の中の隙間をかき集めたら、

    20儚僂侶箚屬あるということをあらわす数値になります。

     

    このC値が大きければ大きいほどお家の隙間の量が多いということになります!

    弊社ではC値は、0.5以下を目標に気密性に気を使って

    職人さんたちに施工を依頼しています。

    弊社では、新築において全現場気密測定士立ち会いのもと

    気密測定を実施しています。

    ※測定は、換気口やエアコンスリーブなど計画的に開けた穴をすべてふさぎ、

     室内の空気を送風機で強制的に屋外へ排出させます。

     この時に生じる気圧差と風量でC値をだします。

     

    ↓これが気密の数値を図る測定器です。

    ↓こちらが測定結果です。

    こちらは、3月にお引渡しした方のお家の数字です。

    お家全体の隙間がかき集めたら42㎠になりますということです。

    20儚僂侶箚屬靴ないということです。

    はがき一枚は、約150㎠なのでその1/3以下になります!

     

     

    ではなぜ、隙間の量が多い住宅ではいけないのでしょうか

     

    <隙間の量が多いことのデメリット>

    お家の空気が外に逃げていきます。

    エアコンで快適な温度に保ちたいのに

    隙間があることで、その快適な空気が屋外へ漏れてしまうことになります・・・

    =エアコンが効かない!という不満へとつながるのです😨

     

    空気の性質上、暖かい空気は軽いので上から逃げていきます。

    反対に冷たい空気は下から入っていきます。

     

    気密が悪い家だと、暖房が稼働して暖かい空気が上に逃げようとする

    と同時に、床下から冷たい空気を引っ張ってきます。

    そうすると、室内では顔まわりが熱く足元が寒い現象が起こるのです。

    気密が高いとそのデメリットが軽減され、エアコンの効きがよく

    間取り次第では、一家に1〜2台のエアコンで済むこともあります。

    こうなると、光熱費は結構削減され、ストレスも軽減されやすくなります!

     

    他にもメリットがあります。

    居室以外のトイレや脱衣室にも隙間風が入りにくいため、

    暖かい室内との温度差も大きくなりません。温度差が原因で起こる

    「ヒートショック」のリスクも軽減できるのです。

    特に高齢者は、血圧や心臓への負荷が大きくなるとヒートショックの

    リスクを抱えることになりますので、いかに温度差を軽減させる

    家庭内温度差のバリアフリーにするかも重要視されています。

    実は、家庭内事故の死亡率は交通事故死亡率の約四倍と言われています。

    少しでも健康に長生きするためには、家の性能は本当に大切なのです!

     

    それでも、高気密は息苦しそう・・・とたまにご意見を頂くことがあります。

    このご意見は、24時間換気で解決させられます!

    では次回、24時間換気についてお話します。

    今回はここまで^^

    次回もお楽しみに☆

     

    SEISYOHOME



    カテゴリ

    最新記事

    アーカイブ

    旧ブログ

    サイト内検索

    カレンダー

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    リンク

    その他

    携帯

    qrcode