正匠ブログ:まじめマガジン
「正匠の家」まじめマガジン

気密ってなんですか?

0

    ずばり、住宅における気密というのは

    お家の中の隙間が少ないということです!

    昔の木造住宅は隙間のことは考えず建てられているものが多く

    冬はストーブを焚いても、こたつに入っていても

    頭は暖かいのに、足元や腰元が寒く、

    すーっと冷たい空気が入ってくることもしばしば。

    こんなお家で過ごされた経験をお持ちの方は

    案外、多いのではないでしょうか?

     

    皆さまにとって身近なもので例えてみましょう!

    冬に着る『ダウンジャケット』

    欠かせない存在となりましたが、

    このモコモコしたダウンジャケットを羽織るだけでは

    もちろん寒さは防げないですよね。

    きちんとファスナーを閉めることで、

    首回りなどの熱も逃げにくくなります。

    これが断熱と気密の関係性に近いものになります

     

    それでは住宅の方に話を戻します

     

    住宅では気密性能を表す値を『C値=隙間相当面積』といいます

    相当隙間面積:㎠/屬箸禄斬陲料軈蠹隙間面積を

    実質延べ面積で除して床面積1屬△燭蠅派修靴討い泙后

    実質延べ床面積は、建築基準法上の延べ床面積に

    仮想床面積を加算して求められた数値となります

     

    延べ床面積あたりの隙間量のことで、

    たとえば、100屬硫箸両豺腓C値が4/屬世箸靴疹豺隋

    20儚僂侶蠅壁に空いている状態ということになります

    このC値が大きければ大きいほどお家の隙間の量が多いということになります!

     

    ではなぜ、隙間の量が多い住宅ではいけないのでしょうか

     

    隙間の量が多いことのデメリット

    その Г家の空気が外に逃げていきます

    エアコンで快適な温度に保ちたいのに

    隙間があることで、その快適な空気が屋外へ漏れてしまうことになります・・・

     

    その◆24時間換気がより効率をあげます
    いま新築住宅を建てる際に義務化されている『24時間換気』

    この効率を上げることができるので、

    お家の中の空気のよどみが少なくなります

    ※掃除機やストローと同じなのですが、管に穴があいていると

     空気やジュースが漏れちゃいますよね。

     つまりちゃんと吸えないということです

     

    その:エアコンが効きます

    その,膨未困襪里任垢、冷暖房効率が向上するので
    冷暖房費の削減にもつながり易くなりますね

    ※効きが良いということは、エアコンの温度で

     もめることが減るかもしれないですね?!

     

    つまり、住宅の隙間が少ないということは

    快適に暮らせることにつながるわけです!

    光熱費だって削減できるなんて、いいことではありませんか??

     

    しかし、今の住宅づくりでは、この気密測定は義務化されていないのです。

    新省エネ基準からも外されています。

    おかしな話です。

    (何か理由があるのかな?)

     

    これから家づくりを検討されるお客様、

    このブログを読んでくださっていれば

    せっかくなので、一度、メーカーさんに

    気密について質問されてみてくださいね。

    まともな住宅建築会社さんであれば答えてくれますよ!

     

     

     


    【ニュースレター】〜建築中の現場を見に行こう!〜

    0

      今回のニュースレターは、家づくりの参考に一番役立つ現場見学のお話をいたします。

      一昔前までの家づくりは、住宅メーカーが数社そろっている住宅展示場に足を運びどこの住宅メーカーが自分たちの好みに合っているか見て廻ったり、知り合いの大工に依頼したり、土地を探している人は不動産屋さんに相談して、その不動産屋さんが建築をしていれば、そのままその不動産屋さんに家づくりを依頼するものでした。

      最近の家づくりでは、情報を取る手段が増えましたね。
      本屋、コンビニエンスストアに行くと「かごしま家づくりの本」などの雑誌が販売してあり、ここから資料請求したり、完成見学会の新聞折込チラシ、フリーペーパーなどからも情報を取れるようになりました。
      そして、得た情報を元に各住宅メーカーや工務店のホームページを見て、業者を選定するという状況になってまいりました。
      各住宅メーカー、工務店では会社案内やパンフレット、ホームページを準備してあります。皆様が手にしたチラシやパンフレットを見ても、今ひとつイメージがつかめませんので完成した建物を見に行くことになると思います。
      現物を見ることは、とても大切なことです!

      弊社では、現在「外断熱・二重通気工法」を標準化しています。
      弊社のパンフレットやホームページをご覧になられて、なんとなく「外断熱」して「二重通気」をするという意味が分かっているお客様もいれば、全く分からないというお客様もいらっしゃいます。
      この差は、家づくりのことを少し勉強しているか、していないかの差だと思います。

      家づくりは、思い立った勢いで、何も分からず住宅メーカーまかせで建ててしまう方、親戚に大工や工務店、あるいは住宅メーカー勤務の親戚がいて本当は他のメーカーで建てたかったけど仕方なく建ててしまった方、長い期間、住宅ローンの返済があり、健康面や省エネのことを考え少しは勉強をして、いいメーカーと出会って納得してから建てる方等々、様々です。
      いずれにしても、家をつくる時はどのような家を建てているのだろうと皆様思いますので、ほとんどの方が完成物件を見に行かれると思います。

      完成物件は、建物の外側も内側も出来上がった状態で見るためきれいですね。ましてはモデルハウスになるといつもよりもきれいにしてあります。
      表面だけを見て決める以外通常では考えられないのですが、弊社では、できるだけ建築中の現場を見てもらうように心がけています。
      現場は工事が進みますので見るタイミングが限られていますが、パンフレットなどでは理解できない「外断熱」や「二重通気」の様子が良く見えて理解してもらえるからです。

      こうすることで、完成した見た目のきれいさだけでなく、床下、壁の中、天井裏まで、私たちがお話しています「空気環境」「温熱環境」のこと、そして何より家が長持ちする「仕組み」、「住む人が健康的で快適に暮らせる理由」が工事中の現場から見えてくるのです。

      完成した家は、きれいに仕上がっていますので人間に例えると、真新しい洋服をきれいに着飾った状態かも知れません。

      また、目に見えない空気の質や電磁波、出来上がったら見ることの出来ない壁の中などは人間に例えると内臓と同じかも知れません。

      建物の外側は、汚れたり古くなると塗装をしたりして、またきれいに見せかけることは出来ますが、家を建てる住宅メーカーの選定を間違えると目に見えない部分の結露が原因で建物の腐食や劣化、または、カビが繁殖して住む人の健康にまで影響を与える場合があるのです。

      このようなことから、建築中の現場は「どうせ見ても分からない」ではなく、少しでも理解した上で家づくりをして行くことが望ましいです。

      また、一般の人が分かりやすいタイミングで見せて、且つ、分かりやすく説明してくれるメーカーや工務店を探しましょう。

      世の中には、完成物件は見せられるけど工事中はいろいろ理由を付けて見せられませんと言う住宅メーカーや工務店もいます。

      建築中の現場を見せられないということは、
      見せることの出来ない工法を採用しているか、
      見せることの出来ない材料を使っているか、
      見せることの出来ない職人たちが家をつくっているのか、

      何らかの理由があるから隠れる部分を見せたくないのです。

      このようなメーカーや工務店は選ばない方がいいでしょう。

      弊社では古代漆喰や燻煙熱処理材の宝蔵いぶし杉などの工場もご希望があればご見学できるようにしてあります。
      建売住宅や一部のプレハブユニット工法の住宅メーカーや工務店でない限り、家は基礎工事から見える状態でスタートしますので、工事途中も見ることが出来てあたりまえだと思いますが皆様はいかが思われますか。


       

      | 1/1PAGES |

      カテゴリ

      最新記事

      アーカイブ

      旧ブログ

      サイト内検索

      カレンダー

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>

      リンク

      その他

      携帯

      qrcode