正匠ブログ:まじめマガジン
「正匠の家」まじめマガジン

気密ってなんですか?

0

    ずばり、住宅における気密というのは

    お家の中の隙間が少ないということです!

    昔の木造住宅は隙間のことは考えず建てられているものが多く

    冬はストーブを焚いても、こたつに入っていても

    頭は暖かいのに、足元や腰元が寒く、

    すーっと冷たい空気が入ってくることもしばしば。

    こんなお家で過ごされた経験をお持ちの方は

    案外、多いのではないでしょうか?

     

    皆さまにとって身近なもので例えてみましょう!

    冬に着る『ダウンジャケット』

    欠かせない存在となりましたが、

    このモコモコしたダウンジャケットを羽織るだけでは

    もちろん寒さは防げないですよね。

    きちんとファスナーを閉めることで、

    首回りなどの熱も逃げにくくなります。

    これが断熱と気密の関係性に近いものになります

     

    それでは住宅の方に話を戻します

     

    住宅では気密性能を表す値を『C値=隙間相当面積』といいます

    相当隙間面積:㎠/屬箸禄斬陲料軈蠹隙間面積を

    実質延べ面積で除して床面積1屬△燭蠅派修靴討い泙后

    実質延べ床面積は、建築基準法上の延べ床面積に

    仮想床面積を加算して求められた数値となります

     

    延べ床面積あたりの隙間量のことで、

    たとえば、100屬硫箸両豺腓C値が4/屬世箸靴疹豺隋

    20儚僂侶蠅壁に空いている状態ということになります

    このC値が大きければ大きいほどお家の隙間の量が多いということになります!

     

    ではなぜ、隙間の量が多い住宅ではいけないのでしょうか

     

    隙間の量が多いことのデメリット

    その Г家の空気が外に逃げていきます

    エアコンで快適な温度に保ちたいのに

    隙間があることで、その快適な空気が屋外へ漏れてしまうことになります・・・

     

    その◆24時間換気がより効率をあげます
    いま新築住宅を建てる際に義務化されている『24時間換気』

    この効率を上げることができるので、

    お家の中の空気のよどみが少なくなります

    ※掃除機やストローと同じなのですが、管に穴があいていると

     空気やジュースが漏れちゃいますよね。

     つまりちゃんと吸えないということです

     

    その:エアコンが効きます

    その,膨未困襪里任垢、冷暖房効率が向上するので
    冷暖房費の削減にもつながり易くなりますね

    ※効きが良いということは、エアコンの温度で

     もめることが減るかもしれないですね?!

     

    つまり、住宅の隙間が少ないということは

    快適に暮らせることにつながるわけです!

    光熱費だって削減できるなんて、いいことではありませんか??

     

    しかし、今の住宅づくりでは、この気密測定は義務化されていないのです。

    新省エネ基準からも外されています。

    おかしな話です。

    (何か理由があるのかな?)

     

    これから家づくりを検討されるお客様、

    このブログを読んでくださっていれば

    せっかくなので、一度、メーカーさんに

    気密について質問されてみてくださいね。

    まともな住宅建築会社さんであれば答えてくれますよ!

     

     

     


    | 1/1PAGES |

    カテゴリ

    最新記事

    アーカイブ

    旧ブログ

    サイト内検索

    カレンダー

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    リンク

    その他

    携帯

    qrcode